松原市でインプラント治療を行うなら、いなだ歯科

いなだ歯科でインプラント


【 相談無料 】 携帯・スマートフォンからも通話料無料で相談できます。

インプラントに関する悩み・疑問を相談

いなだ歯科でインプラント

インプラント治療前の診断を無料で受けられます。

松原市でインプラント治療を行うなら、いなだ歯科

名称: いなだ歯科

院長名: 稲田展久

郵便番号: 580-0046

所在地: 大阪府松原市三宅中1丁目2?25

お電話でお問い合わせは >> コチラ

診療エリア: 大阪 松原市

松原市でインプラント治療を行うなら、いなだ歯科

↑↑↑↑↑↑
インプラントに関する悩み・疑問を解決

インプラントについて

いつまでも素敵な笑顔

どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医の治療を受けようとすればどこの国までも治療を受けに行くというのもありえます。



インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れていますね。インプラント治療で、失った歯を取り戻すためには決してあきらめてはいけません。全力で、あらゆる方面から情報を集めてみることが夢をかなえるためには大事です。

高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。


保険がきかない理由ははっきりしていますね。
この人工歯治療は保険が適用されるブリッジ、入れ歯などよりコストがかかり、設備や技術も要するからなんですね。
インプラントを埋め込む手術前後の処置や、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、トータルの治療費用は高額になってきます。これを保険適用にしてしまうと、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。今流行りのインプラント。

一度埋め込めばその効果はちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。

口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、その分、人工歯の寿命も短くなってしまいますね。完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、難点もあるということに気を付けてくださいね。
それは、誰にでも適用できる治療法ではないということです。

これは重要な事実なんですね。

インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法なんですね。

なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、インプラントの利用が不可能と診断される場合があることに留意してくださいね。

インプラント手術の未経験者にとって術中の痛みが怖いと思いますね。インプラント埋入手術では、術中、大して痛くないのが普通なんですね。



麻酔の効き方を確認しながら本格的に手術を始めるためなんです。

術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛くなってくることもあります。
痛みに備えて、頓服薬を処方されるので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。
がんばって終わらせたインプラント治療も、治療後も快適な状態を維持するためにアフターケアが寿命を決定します。

毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールに注意を払い、さらに定期的な検診を欠かさず継続することが必須条件なんです。

インプラントは虫歯にならないとはいえ、日頃のケア次第で歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。

欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。インプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。

一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのなんですね。
ですから、見た目を考えればブリッジよりインプラントの方が優位に立ちます。

さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという覚悟もしなければなりません。高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって本来の歯同様の耐久性を得られるというケースが増えています。

要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長期間の使用も問題ありませんが、日頃のケアが行き届かないとインプラントの維持が難しくなってしまうということを忘れてはいけません。数々のインプラント治療の問題点について、皆さん、入念に調べたと思いますね。その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという話があったのではないでしょうか。でも、気にしなくて良いなんです。


MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。
当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。


いなだ歯科でインプラント いなだ歯科でインプラント
インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので磁気に反応しない性質を持っていてMRI検査への影響はありません。歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。
自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯のことです。
ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯の根元が骨に埋まっているので噛んだときの感じも自分の歯に近く、手入れしながら、長い期間使うことができます。インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。ご存じの通り、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。全額自己負担が普通ですが、医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に税金の還付を申告します。

確定申告で医療費控除を受けたい場合、治療のたびにもらっている領収書が医療費を払った唯一の証明ですからなくしたらおしまいのものとして暦年で申告することになるので、保管しておいてください。インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなのでほとんどの患者さんは、手術後、違和感を生じるのが当たり前の反応なんです。

腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れが気になっても、舌などで触るのは止めてここはぐっと我慢してくださいね。


しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要なんです。急患でも診療を受けることが必要です。人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。インプラントは、一種類だけではなく、部品の接続形態によって複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられていますね。

人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっているものが1ピースタイプです。他に、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。
この2ピースタイプはさらに、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式に分かれており、それぞれ特性が異なります。どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、治療全体を通して、相当な出費になります。健康保険が使えることもまれにありますが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。


自費診療として始めるしかないのが高額の負担を避けられない理由なんです。現状では最低線が十数万円、難しい治療を受けるケースでは数倍の費用がかかるケースもあることを覚悟した上で始めなければなりません。


様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。

独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医がどのような技量を持っているかでかなり治療実績には差があると考えられます。
インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法なのは明らかで、良く検討した上で、歯科医を選ぶことがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、歯科医と歯科医院をどのように選ぶかなんですね。



この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるため症例数が多ければ多いほど良く、経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。


それにとどまらず、費用面での疑問に応えてくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底しているどんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。


理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのなんですね。けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すればそれまでインプラントは適用されなかったケースも治療は決して不可能ではありません。


あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして十分調べてください。
人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがお手入れを必要としないということにはなりません。


義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。

インプラント以外の自分の歯と同じように歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守って毎日のケアで口腔内の清潔を維持してくださいね。


そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。
歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのなんですね。当然、歯が全く残っていない状態では、原理的に差し歯の施術は不可能なのなんですね。


対して、インプラントは差し歯と異なり、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。インプラント治療はどのような流れかというと、3つの段階に分けられます。第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成という段階を踏みます。


人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要としますね。
義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけなんですね。失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点なんです。他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根とあごの骨を結合させてしまうのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば普通は再手術しか手段はなく、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。
それに、埋入手術の際には埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。

いなだ歯科でインプラント いなだ歯科でインプラント
費用や手間の面から考えても、インプラント治療はブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な方にすすめられる治療なのなんです。

クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由で必然的にインプラント治療になるという患者さんに適用されるのが普通なんです。

インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、より自然な噛み心地を得られるためきちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。入れ歯で噛むと食べた気がしない、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にもインプラント治療がすすめられるでしょう。
チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから上部の義歯になる部分を装着します。費用がかかることは確かですが入れ歯よりも周りにわかりにくく、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。



見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を要求する方に向いています。義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、定期的に歯科医に診てもらう必要があるため異常がなくても維持費は必要になります。

標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は歯科医に診てもらうことになります。
メンテナンスを受けるごとに支払う料金は保険がきく治療がほとんどなので、三千円くらいかかります。

従って、年間1、2万円くらいの出費は必要なんですね。


徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、前はしなかった口臭がするようになったということもままあるようなんです。
そうなる理由として、義歯と歯茎の間に歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしているケースもあり得るのです。こうした症状に気付いたら、早期に診察してもらうことが大切です。インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。
とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にそちらの病気を完全に治す問題が生じます。それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方も治療にかなりの危険が伴います。
今は、このような病歴があるからといって絶対治療できないとは言えません。
不安がなくなるよう歯科医に相談してくださいね。


手術によってインプラントを埋め込んだ後は手術箇所が落ち着くように、安静に過ごすのが無難なんですね。


普段よりも静かに過ごすようにして普通の生活を上回る強度の運動は当分控えてくださいね。傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのなんですね。負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、再開する時期を、歯科医と話し合って共通理解しておくことをすすめます。一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けたごく一般的なインプラント治療でも、院内感染が起きないと言えません。

その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、重要事項の一つになります。院内感染防止の対策をきちんとホームページに載せている歯科医院もどんどん増えているので、真っ先に見ておきたいところなんですね。

欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも安定した使用感が得られ、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもありがたみを実感する点です。



自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、ガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。
ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに丈夫に作られていることはいうまでもありません。
たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気なんですね。近年市民権を得てきたインプラント。人工歯の組成には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものなんです。
セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、なんといっても歯科技工士のスキルによります。

美的センスに加えて、熟練したスキルが必須になってきます。当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、インプラントの治療費は高くなるのです。